絶対にダイエットが失敗する5つのタイプ
2017/03/16
メンタルコラム

1.「ダイエットコレクター」タイプ

ダイエットに失敗している人の多くがこのタイプに当てはまります。
色々なダイエットにチャレンジしては失敗をしているタイプです。
そのたびに、「このダイエットは私には合わない」とか
「もともとこのダイエット法は効果がないもの」
と言い訳をしていつも途中で断念して失敗に終わります。

 

2.「明日からダイエットが口グセ」タイプ

ダイエットの必要性がわかっていて、「やろうやろう」
と思いながらなかなかダイエットに踏み切れないタイプです。
「明日からダイエットしよう」と先延ばしにし、
結局、願望だけで行動に移せないのです。

 

3.「試供品だけもらって満足」タイプ

あれこれ悩みながら、結局、本格的にダイエットに
取り組むことはないタイプです。
「自分に合ったダイエットがあればやりたい」
と基本的に思っているのですが、
実際にはダイエットできません。
無料試供品などをもらって満足してしまう人も、
このタイプに分類されます。

 

4.「流行りものダイエッター」タイプ

熱しやすく、冷めやすいタイプです。
あるダイエット法が紹介されたり、
ブームになったりするとすぐに飛びつくものの、
長続きしません。

 

5.「最初からあきらめモード」タイプ

ダイエットを試す前から、
「どうせ自分はかわれない」
と自分を信じていないタイプです。
ダイエットしながらも、「どうせ私は…」
とあきらめの境地に達しています。
肥満の期間が長くなるほど、
「自分を信じられない度」が高くなっています。