誰でもやれる!「ビリ○○○」からの大逆転!
2017/02/07
メンタルコラム

「ビリギャル」をごらんになりましたか?これは【学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話】を映画化されたものです。まだの方はDVDでぜひごらんになってください。自分の可能性をイマイチ信じきれてない方はおススメです。

この映画の主人公、さやかさんを指導した坪田先生の言葉の数々…、

★言ってるうちに願いは向こうから近づいてくる
★ダメな生徒などいない。ダメな指導者がいるだけです。
★もし一番の願いが叶わなくて沈んでいるとしても、大きな目標にトライしたことは、将来必ず何かの力になるはずだ。

これらは、我々がSBT指導している方々に言っている「日常言葉」なので、私にとっては目から鱗な言葉ではないのですが…、
だけど、こういう言葉が、社内で、教室内で、練習場で、「当たり前」の日本になったら、「当たり前」の様に、日本の未来は元気に強く明るくなっていくはずです。

映画の最後に流れるサンボマスターの「可能性」も良い歌詞で大変気に入っています。
気づこう!自分を眠らせてることに!

 

この映画の中で起きたことは夢物語のようですが、実際にさやかさんが成し遂げた「事実」です。

このように、人間の脳は、周りから「絶対ムリ!」と言われた夢でも実現できるようになっています。お金が大好きで億万長者になりたい人ならば、誰でも「億万長者」になれるし、自分の仕事で夢を実現したければ「仕事の夢実現者」に、受験生で一流大学に入りたければ、この映画のように、日本地図を「○」と描いてしまうような劣等生でも「超一流大学の優等生」になれるのです。

各分野で能力のある人、できる人、優秀な人材と言われている人は、たまたま自分の能力を眠らせずに「本当の自分」で生き続けている人であるだけなのです。

自分に自信のない人、自分はどうせ平凡な人間だと思っている人、夢を無くしてしまった人、ただ何となく毎日を生きている人、それらの人は脳の機能が良すぎて、無意識のうちに環境を学習し、自分を眠らせて生きているのです。そして、そのことに気づかず、『本当の自分』を忘れてしまっているだけなのです。

 

JADA協会で行っているPAC(潜在能力分析検査)の結果でもそれは明らかになっています。

例えば受験生の例を見ても、グラフのように入学したての初心時は能力を眠らせている生徒は約31%なのに対し、わずか5ヶ月後の夏休み後には約72%と、ほんの数か月のうちに別人のように意欲がなくなっているのです。

受験に成功し、「あの子は天才だ!」などと言われ、東大や京大に入学する優秀な生徒はPACの結果を見ると、能力を眠らせていないという5%の天才の分類に入り続けている生徒なのです。逆に、高校入学時に学年1番の成績でこの5%の分類に入っていた生徒でも、途中でマイナス思考になり、他の分類に入っていくと、成績は一気にガタ落ちになり、自分では気がつかないうちに平凡な生徒、できない生徒、能力が低いと言われる生徒になっていってしまうのです。

これは受験生だけでなく、ビジネスパーソン、スポーツ選手のPACでも同じような結果となって現れています。

 

世の中で成功した人と成功しなかった人の違いは、生まれ持った能力の違いではありません。成功者は、たまたま自分を眠らせずに『本当の自分』で生きてきた人たちであり、成功していない人たちは、坪田先生と出会う前のビリギャルのように、知らず知らずのうちに自分を眠らせ『本当の自分を見失った人』なだけなのです。

PACを受けている多くの方々が「この検査を行うまで、自分の力をこんなにまで眠らせてるとは気づかなかった!」と驚かれています。

そうです!あなたの可能性はこんなものではないのです。そのことに気づき『本当の自分』『自分が望んでいた自分』を取り戻せば、誰でも必ず何かの成功者になれるのです。さあ、あなたも眠っていた自分をもう一度たたき起こして、ワクワク楽しい毎日を過ごしていきましょう!