たった3秒でイライラした気持ちを消す方法
2017/03/15
メンタルコラム

日常生活を送っている中で、イライラすることや、
不快な気持ちになってしまうことってありますよね?

しかし、そのイライラした感情を外に出してしまうと、
周りの人にまで影響してしまいます。

イライラした気持ちやイヤな気持ちは、
もはや本人だけの問題ではないのです。

この記事では、
『たった3秒でイライラを解消する方法』
をご紹介します。

 

1. イメージを変える

私たちの脳は、イメージしたこと実現しようとする
仕組みがあります。
なので、イライラしたことをイメージしてしまうと、
脳がイライラした状態になるように
体全体に指示を出してしまうのです。
なので、イライラした場合はすぐに
プラスのイメージに切り替えましょう。

 

2. 言葉を変える

言葉には凄い力があります。
昔の人は、
「声に出した言葉には不思議な力があり、
現実の事象に影響を与える」
と信じていました。
つまり、良い言葉を発すれば良いことが起こり、
不吉な言葉を発すれば悪いことが起きると考えていたのです。
この考え方は、脳トレーニングの理論に照らし合わせて
考えてみても理にかなっています。
イライラしても、「チッ、ムカつく!」と言葉発するのではなく
「ありがとう」などのプラスの言葉に替えて発しましょう!

 

3.動作を変える

皆さんは、こんな話を聞いたことがありませんか?
「悲しい時には、無理にでも笑ってごらん。
そうすると悲しみが薄れていくから」
不思議なもので、悲しみは本当に薄れてくるのです。
理由は、笑うことにより、口角がキュッと上がり、
頬の筋肉が刺激されます。
これを脳が反応して、マイナス感情が
プラス感情に変わるからです。
つまり、私たちは笑いながら悲しむことはできないのです。
この仕組みを上手く使い、イライラすることがあっても
笑顔になれば楽しくなってくるのです。